キャットフードの選びのポイントは穀物の有無

キャットフードの選び方のポイントとして挙げられるのが、原材料の穀物の有無です。穀物には小麦やトウモロコシなどがあります。基本的に小麦はアレルギーの方は別として、人間は食事の中で普通に取り入れている穀物です。そのため、猫が食べても問題ないと思う人もいますが、猫は人間と違い、もともと肉食動物なので、穀物を食べると健康に悪い影響を与える可能性があります。

猫が穀物を食べるとどのような症状が見られるのでしょうか。それはアレルギー症状です。軽度であればしきりに舐めるという程度で済みますが、放置しておけば、下痢や嘔吐などを引き起こし、症状が重くなるケースも珍しくありません。症状が重くなれば獣医師さんに診察をしてもらい薬などを処方してもらうことになりますが、その後も同じ食事を与えていると再びアレルギー症状になる可能性があります。そのため、飼っている猫がアレルギー症状になった場合には、食事から見直す飼い主が多くいます。

アレルギーには様々な原因が考えられますが、穀物も原因の一つになります。実際にアレルギー対策としてグレインフリーのキャットフードを販売しているところもあります。グレインフリーを選択すれば穀物が入っていないので、穀物を原因とするアレルギーの予防や、症状を改善できる可能性があります。