キャットフードを選ぶ時は無添加のものを選択する

アレルギー対策をするためにグレインフリーのキャットフードを選ぶこともポイントですが、その他にも無添加のキャットフードを選択することもポイントの一つです。無添加とは添加物が含まれていないことを意味します。猫の健康を考えたことがある飼い主であれば、添加物が防腐剤や着色料、香料であるということを知っている人も多いでしょう。

着色料は美味しく見せるために特殊な成分を使用します。香料も同様に香り付けをして食欲を上げる効果を期待しています。防腐剤は腐りにくくする成分です。一見、美味しく見える、美味しそうな匂いがする、腐らないという点でメリットを感じられる方もいるでしょう。しかし、これらの添加物は、猫にとって健康を害する危険性があり、健康を考えて食事を与えている飼主さんの中には、このような添加物を使わない無添加のキャットフードを与えている人が多くなっています。

基本的に日本ではペットの食品衛生基準のハードルが低く、添加物などが含まれているキャットフードが実際に多く販売されているので、猫に元気に長生きしてほしいと考えるのであれば、なるべく無添加のものを選択して与えるようにしましょう。無添加のものは賞味期限が短いため、食べられる量を考えて購入するとよいでしょう。