健康を考えてキャットフードを選ぶ

猫の健康状態を考慮してキャットフードを選ぶことも一つのポイントです。健康状態はそれぞれの猫で異なります。例えば軟便に悩んでいる飼い主も少なくないでしょう。軟便とは便が通常の便より柔らかい状態を示し、キャットフードしか与えていないのに軟便や下痢になると不安を抱く飼主さんは少なくありません。軟便の原因は様々なものが挙げられますが、毛玉の排泄ができずに苦しんでいる猫は下痢や吐き出しの症状が見られる時があります。もしこのような症状に悩んでいる人は、胃腸の働きを活発にする成分を含んでいるものや、毛玉の排泄サポートをするキャットフードを選択してみてはいかがでしょうか。

健康状態を維持している猫でも、いずれ病気になる可能性は否めません。そのため、若くて元気な頃から、長く生きていられるように予防をしてあげることが大切です。予防したい病気はそれぞれの体質によって異なりますが、肥満や生活習慣病その一つです。人間にとっても予防したいことですが、猫でも発症する可能性があります。このような病気を予め予防したいのであれば、低GIのキャットフードを選択するとよいでしょう。

このようなポイントを参考にしてキャットフードを選ぶことで猫の健康維持に役立てられるキャットフードを選択できるのではないでしょうか。

キャットフードを選ぶ時は無添加のものを選択する

アレルギー対策をするためにグレインフリーのキャットフードを選ぶこともポイントですが、その他にも無添加のキャットフードを選択することもポイントの一つです。無添加とは添加物が含まれていないことを意味します。猫の健康を考えたことがある飼い主であれば、添加物が防腐剤や着色料、香料であるということを知っている人も多いでしょう。

着色料は美味しく見せるために特殊な成分を使用します。香料も同様に香り付けをして食欲を上げる効果を期待しています。防腐剤は腐りにくくする成分です。一見、美味しく見える、美味しそうな匂いがする、腐らないという点でメリットを感じられる方もいるでしょう。しかし、これらの添加物は、猫にとって健康を害する危険性があり、健康を考えて食事を与えている飼主さんの中には、このような添加物を使わない無添加のキャットフードを与えている人が多くなっています。

基本的に日本ではペットの食品衛生基準のハードルが低く、添加物などが含まれているキャットフードが実際に多く販売されているので、猫に元気に長生きしてほしいと考えるのであれば、なるべく無添加のものを選択して与えるようにしましょう。無添加のものは賞味期限が短いため、食べられる量を考えて購入するとよいでしょう。

キャットフードの選びのポイントは穀物の有無

キャットフードの選び方のポイントとして挙げられるのが、原材料の穀物の有無です。穀物には小麦やトウモロコシなどがあります。基本的に小麦はアレルギーの方は別として、人間は食事の中で普通に取り入れている穀物です。そのため、猫が食べても問題ないと思う人もいますが、猫は人間と違い、もともと肉食動物なので、穀物を食べると健康に悪い影響を与える可能性があります。

猫が穀物を食べるとどのような症状が見られるのでしょうか。それはアレルギー症状です。軽度であればしきりに舐めるという程度で済みますが、放置しておけば、下痢や嘔吐などを引き起こし、症状が重くなるケースも珍しくありません。症状が重くなれば獣医師さんに診察をしてもらい薬などを処方してもらうことになりますが、その後も同じ食事を与えていると再びアレルギー症状になる可能性があります。そのため、飼っている猫がアレルギー症状になった場合には、食事から見直す飼い主が多くいます。

アレルギーには様々な原因が考えられますが、穀物も原因の一つになります。実際にアレルギー対策としてグレインフリーのキャットフードを販売しているところもあります。グレインフリーを選択すれば穀物が入っていないので、穀物を原因とするアレルギーの予防や、症状を改善できる可能性があります。

キャットフードの選び方のポイントを知ろう

猫が健康的な身体を維持するために重要なことは食事の内容です。人間も同様なことが言えるため、食事が重要であることは多くの方が納得できるでしょう。猫の食事は、一から手作りで与えている人も中にはいますが、一般的には市販で販売されているキャットフードを購入してそれを与えることが多いです。

現在では様々な場所でキャットフードが販売されています。街にはホームセンターがありますが、一つの区画にペット用品のコーナーを設置して販売をしているところもあります。キャットフードだけでなく、おやつや猫に着せる洋服、トイレ用品なども販売されていて、様々な商品があります。キャットフードだけでも数多くの種類があるので、猫を飼った当初、どれを選べばいいのかわからずに店員さんにお伺いした記憶がある方もいるのではないでしょうか。

キャットフードが販売されているのはホームセンターだけではありません。特別なこだわりがあったり、原材料に不安を覚えたり、求めているキャットフードがなかったりする方の中には、通販サイトなどでキャットフードを購入する人もいます。通販サイトは、実店舗に比べて販売されている種類がさらに豊富で、一般には販売されていない高級なキャットフードや、こだわりのある原材料を使用したもの、特定の病気などに対応しているものなども見られます。

このように様々な種類があるために、キャットフード選びのポイントがわからないという方もいるのではないでしょうか。